Close

2014年2月8日

工房Webサーバを物理サーバに移行しました

工房Webサーバ(本サイトのサーバ)は、今まで初期Intel i7 920のメモリ16GBを積んだタワー型PC上のHyperV上で仮想サーバとして稼働していました。
しかし、メインページを表示されるのに5秒から10秒かかるなど、性能上にかなり問題がありました。

本格的に工房HPを稼働させていく上で流石にこのままではマズイと思い、工房のインフラ担当である笠井氏に、仮想サーバから物理サーバへの移行を頼みました。

DSC_0047

物理サーバにOSをインストールしている笠井氏の様子

OSインストール、IPテーブルの設定、Apache、MySQL、Sambaの設定、データの移行等々、僅か4時間でやってくれました(笠井君ありがとうございます)。
HyperV上とはいえCPUやメモリの割り当ては十分にしているので、もしかしたら物理サーバに移行しても改善されない可能性もあると覚悟していましたが、なんと体感レスポンスタイム1秒前後とかなり改善されています。

ところで、工房ではいくつものシステムが物理上・仮想上で動いていますが、春休み中にOpenStackを実装して諸々の管理・運用を一括化しようという試みがなされています。
工房の入り口付近に鎮座している同じ形をした3台のPCは、その実験機です。

さて、OpenStackの話はまた今度にしまして、今回は旧サーバと新サーバの簡易スペック比較表を提示し、終わりにしようと思います。

[table id=1 /]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA