本日2013/02/08 1:00に、TopCoder SRM #608が行われました。

競技プログラミングプロジェクトではSRMに参加することも活動の一つなので、その活動内容を(できれば毎回)報告しておきます。

しかしそうはいっても、私は解説記事など書けませんし、参加者と結果・レーティング変動を記述してもハラスメントになりかねないので、どうしようかと考えている最中です。
とりあえず今回は、私の結果と様子を載せておきます。

DSC_0056
SRM #608に参加している中澤の後ろ姿

私はEasyは約244Point(5分~10分?)で通すことができましたが、残念ながらMediumはSystem Testで落としてしまい、レーティングが下がってしまいました(※通す=正答、落とす=誤答)。
しかし、恐らく今回は比較的簡単な内容ばかりで、Hardも含め全部通してもおかしくなかったと思います(※Easy、Medium、Hardと3問出題されます。ちなみに3問全て通すことを3完といいます)。

Easyに関しては、(恐らく)日本人が作った問題で、英文も読みやすく問題も簡単なため、新しく始めた方にはオススメです。
Normalも特別なアルゴリズムを必要とせず、英文も読みやすかったはずなのですが、どうして落としてしまったのでしょうか。

色々記事を書いておきながらまだDiv2勢なのは恥ずかしいので、早くDiv1に上がりたいものです。(※大きな部屋で難易度別に2つに分かれており、Div2は下の部屋です)
(ならばもっと練習しなさいという感じですが)

(色々と専門用語が多くてすみません。詳しくは競プロのプロジェクトページや、その先のリンクなどをご参照下さい。今回は雰囲気をほんのほんの少しだけでもわかっていただければ幸いです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください