研究室や工房などの共有スペースで流す曲を、誰でも簡単に操作できたら、便利だと思いませんか?

誰でも簡単にと言えば、そう、Webです。

今週はMPDMPC及びRaspberry Piを用いたオーディオサーバと、Webクライアントを作っていました。

DSC_0067

MPDとはMusic Player Daemonのことで、Unix上で動作する音楽管理プログラムで、MPCはMPDを操作するためのCLIのソフトウェアです。
これをAPI上で操作することにより制御します。

主な仕様や特徴は以下の通りです。

  • サーバはRaspberry Pi & Raspbian で構築
  • 音楽プレイヤーはMPD, MPCを使用
  • データはMySQLで管理
  • APIはPHPで実装
  • WebクライアントはBootstrap3.0, Knockout.jsを使用
  • レスポンシブ、リアルタイム処理

今回は前準備として、簡単なMPCサーバの構築手順を紹介します。

Raspberry Piのセットアップ


まずはサーバを立てます。
必要な機材の準備とOSインストールまでは、前回の記事を参考に進めます。
なお、今回はオーディオサーバなので、これに加えスピーカーを準備する必要があります。

ネットワークの設定


次にネットワークの設定を行い、固定IPにします。
設定ファイルは /etc/network/interfaces にあります。

viやnanoを使って、iface eth0の行を下記のように編集します。

設定をしたら、再起動します。

プロキシの設定


必要であればプロキシの設定をします。
設定ファイルは ~/.bashrc にあるので、下記を加えます。

読み込みます。

通常sudoを使用時にユーザの環境変数は読み込まれないので、その設定もします。
sudoの設定ファイルは visudo で編集します。

下記を加えます。

パッケージインストール


必要なパッケージをインストールします。

MPDの設定を変更


このままだと再生できません。MPDの設定を弄る必要があります。
設定ファイルは /etc/mpd.conf にあります。
該当箇所を下記のように編集します。

テストする


音楽ファイルを /var/lib/mpd/music に配置し、下記のコマンドで再生できます。

他にも停止、次へ、ループ、リピート等たくさんのコマンドがあります。
ヘルプコマンドは(たぶん)ないので、man で確認しましょう。

最後に


Raspberry Piでオーディオサーバを構築するのであれば、今は RaspyFi というディストリビュージョンを使うと、
高性能なリモートクライアントも提供してくれて良いそうですが、自分で一から構築するのも面白いです。
Webクライアント開発に関しても、リアルタイム性やUIが重要であったりと、良い教材となりました。

システムの方は近日GitHubか何かで公開し、そちらの構築手順まで紹介しようと考えています。
が、まだ色々とマズイところが有ったりするので、次の記事は機能の紹介になるかと思います。

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください