こんにちは。高畑です。

先週の土曜日、ETロボコンの活動として関東学院大学の関内メディアセンターで開かれた技術教育に参加してきました。

内容としては、

・ルールの詳細説明
・開発環境導入の説明
・モデリングについての説明

以上の3つについての講義が行われました。

まず、ルールの詳細説明ですが、これが結構複雑なルールになっていて、前回からの変更点及び、Q&Aをふまえて説明が行われました。

開発環境導入の説明ですが、私たちはこの技術教育の前日に開発環境の行き詰っていて、その際に不明だった点や足りなかったファイルの確認など詳しくやっていただき、それを元に環境導入を試みたところ無事導入することができました。

最後に、モデリングについてです。

自分たちは、今回の大会にC言語を使う予定でいましたが、C言語を使うとモデリングしたものとプログラムの整合性が取りづらく、オブジェクト指向であるC++言語を使用したほうがモデリングとリンクして考えやすいという話がありました。

その話を聞いて、今回はC++言語でやっていこうと方向に決まりました。

 

今回の技術教育では、大学院生の先輩方は予定が合わず参加することができませんでしたので、今週の活動で技術教育で学んだ内容を共有をする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください