こんにちは 先週水曜日から工房を出入りするようになった1年のsunyaです。コーヒーマシンで遊んでいます。

さて、RMSこと履修管理システムを開発するにあたってxamppの導入をしましたが、RMSとはまた違うプロジェクトでFuelPHPの導入をする必要があったためそのメモを。

xamppはC:直下にインストールしていると仮定します。

FuelPHP » A simple, flexible, community driven PHP5.3 framework.
↑ここからFuelPHPのzipをダウンロードします。
ダウンロードしてきたらzipを解凍してfuelphp-1.7.1(現時点)のフォルダをC:xampp配下にフォルダをぶち込みます。
しかしこれだけだとFuelPHPのpublicフォルダを見ることが出来ないのでC:xampphtdocsにfuelphpなどとディレクトリを作ってfuelphp-1.7.1のpublicフォルダの中身をコピーか切り取ってC:xampphtdocsfuelphpに貼り付けましょう。

次にC:xampphtdocsfuelphpindex.phpを以下のように変更します。

27行目:

32行目:

37行目:

バージョン名は適宜合わせてください。

これでhttp://localhost/fuelphp/が問題なく表示されれば完了です。お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)