hisaです。

締切近い。

今週は色々とあったので、それについて書いていきます。

 


 

 

会議が始まって早々、この話が出てきました。
https://twitter.com/TastuPon/status/609144495603519488

 

このツイートをした経緯を聞いてみたところ、

 

応募作品は、コンシューマー向け家庭用ゲーム機(据え置き型、携帯型他)対応の作品、 パソコン対応、携帯電話対応の作品等、全てのコンピュータエンターテインメント作品を対象とし、 携帯電話対応の作品等、プラットフォームの制限は設けません。

<フィーチャーフォン(ガラケー)の携帯電話の作品について>

フィーチャーフォンの携帯電話作品は、初回ダウンロードのみで遊戯可能な作品とし、プレイ中にダウンロードを行い、パケットを継続して使用するものを対象とします。
応募条件ではありませんが、パケット継続型作品の遊戯中のパケット転送量は
4パケット~10パケットまで(1パケット128バイト)を基準といたします。(初回ダウンロードを除く)《パケット継続の条件》
■応募作品の容量は、0.5MB以下。
■ゲーム中に接続するサーバには、データのみを保存。
― 日本ゲーム大賞 アマチュア部門 (応募要項より)

 

ここに引っかかる点があったからだったんですね。

で、運営さんに問い合わせてみました。

私「容量制限についてお聞きしたいんですけど、これはフィーチャーフォンにのみ適応されるのですか?

運営さん「はい。容量制限はフィーチャーフォンだけですので、他のプラットフォームには適応されません。

 

つまり、サーバーを利用してゲーム本体の容量を小さくする必要がないわけです。

応募しようと思ったときに気づくのでは?と疑問の声があると予想して書きますが、
この部分は最近になって追記された部分だった(言質は取ってある)のでメンバー全員気が付かなかったというわけです、はい。

まぁ、運営さんに文句があるとかそういうわけではないのでこの話は終わりです。

 

ここまで読めばもう気づいた方もいるとは思いますが、サーバー担当の仕事が無くなり暇になります。

すぐにデザインのタスクを振られることになりました。今日からサーバー担当はデザイン担当です。
PV作成やテストプレイなんかも残ってるのでそれらを考慮した予定を立てて会議は終わりました。

 

結果、振られたタスクの締切は6月14日です。

______________________死。

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください