うらのです。RMSでは先程まで新年度履修データの対応に追われていましたが、ただいまI・N・D・H科のデータ入力が完了し、サービスを使っていただけるようになりました。ご利用は https://rms.cs.kanagawa-it.ac.jp/ ←こちらからどうぞ!

RMSは煩雑でわかりにくい履修選択を簡単にするために開発されました。時間割ページから履修する講義の管理を、科目リストや要件ページからはこれまでに自分が履修してきた単位の管理をすることができます。また、カリキュラムツリーからは講義の関連を簡単に把握することができます。神奈川工科大学のI・N・D・H科のみなさんは、ぜひRMSを履修管理に役立ててください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)