Close

2017年6月16日

G.G.G.Rush 第4部作進捗状況その9

どーもsomeyaです。

 

今回も前回の宣言通り、HPのダメージ処理とEnemyが攻撃を食らったときの処理を実装しました。

Enemyのロジックはいじいじはしたのですが上手く行かず、、、

UIはまだ手付かずです。

 

 

ダメージ判定としては赤くなり、点滅する実装をしました。

それに伴ってFlashingManagerなる汎用スクリプトを書きました!

 

これも前に紹介したシーンの汎用スクリプトと、同じ時期につくったものを改良したものです。

iTweenがGameObject型にしか対応しないので、colorプロパティ弄ってくれないかなぁと思ったのがきっかけです。

なのでImage型、Text型、SpriteRenderer型にしか対応しないです。

 

このFlashingManagerの押しポイントは第2引数のoptionsを省略できるところです!

optionsという引数は細かい動作の違いを設定できるものなのでオプション引数(省略可能な引数)として使いたければ使えば?としています。

 

それともう押しポイント1つ。SetFieldという関数です。

これは入れ子classのフィールド名と、optionsで持ってきたKeyが同じ名前なら、classのフィールドに値を代入する。という仕様なのですが、Reflectionがよくわからなくて、たった14行実装するのに10時間かかりました。(T▽T)

 

てな訳でFlashingManagerは結構良い出来だと思っています。

ま、これのせいで今週の進捗はあまり出ませんでしたが、、、

 

次回はもうすぐ締め切りなので完成目指して1人ハッカソン!

 

 

今回はここまで。

以上

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA