こんにちは。長らく更新していなくて申し訳ありませんでした。いつもの木村です。
前回と同様、その間に有りました活動についてハイライトのような形で報告させて頂きます。

11/8の活動

前回の活動報告でも書きましたが、予定通りこの週は問題選びを行いました。
手法は前回と変更し、自分が夏休みに作った”競プロ問題選ぶやつ”を使って適当に選んだ問題から、みんなでその問題をレビューして決定していくという形を取りました。
問題はAから三問、Bから二問として、前回の反省を活かした形になりました。

11/15の活動

この週はABC 46を通しで行いました。
自分の調子があまりにも悪く解説すらできないほどTilt(注:ポーカー用語で冷静さを失うこと)する具合で、反省点の多い回となりました。
競プロをやっているとたまに陥ってしまうので、冷静に問題と向き合えるように改善していきたいです。

11/22の活動

8日の活動で選んだ問題で、SWK Open Contestを開催しました。
この日集まったのは自分を除いて5人でした。

前回の反省を活かしてA問題を中心にしましたが、B問題はまだ少し解けなさそうでした。
更にこの結果を活かして今後の活動を改善していきます。

11/29の活動

今週は先週のコンテストを振り返りました。
中心はB問題の解説で、わからないところをメンバーと確認しつつ進めるという流れでした。
このレベルだと、どうしても言語による差も感じる事が多く、CとC++の差で難易度が変わることもありました。
大学の講義ではCをやっていますが、競プロではC++を使うほうが良いケースも多く悩みどころです……。

12/6の活動

今週はABC80を通しで行いました。
どうしても活動時間が一時間ちょっとになってしまうので、今後はA問題を飛ばしてBから行うか、もしくはC問題->B問題という具合で改変を予定しています。
今の状況は、たしかに問題を解いてはいますが、(コーディング速度は若干向上するとしても)レベルアップに繋がりにくいので、何らかのレベルアッププログラムを考案しないとまずい気がします。

12/13の活動

今週は各自で競プロをするよう指示しました。
というのも、先週から気になっているレベルアップに必要なプログラムについて若干まとまりきっていなかったので、何も企画がなかったということです。
しかし来週からの活動では少しずつ企画が動き始めることとなります!

12/20の活動

今週はC問題をみんなで解きました。これが第一弾レベルアッププログラムです。
このプログラムの流れは以下です。

  1. 問題をみんなに伝え、読んでアルゴリズムを考案してもらう(10分くらい)
  2. みんなが考えたアルゴリズムを発表し、実装方法について話す(30分くらい)
  3. その実装を実際に行ってみる(30分くらい)
  4. 実装できなかった人に向けて、実装できた人のコードを実装した人が解説(15分くらい)

これだと普段の活動時間を少し伸ばすことでC問題を解くことができます。(以前は18:00まででしたが、今回は18:15頃まで活動にしました)
最初は実装できないかもしれませんが、問題に対しての考え方を学んだり、C++を段階的に(VectorやStringなど)学ぶきっかけになると考えています。
最後に解けた人がコードを解説することで、解けた人も解けなかった人もさらなる学びにつながるはずです。

今後も試行錯誤しながら活動を進めていく予定です。
工房に所属している方で興味がある方はプロジェクト外でも参加可能ですので、ぜひ予定の開いている水曜日は競プロをよろしくお願いします。
工房に所属していないよ!という方は、いつでも構いませんので工房に来ていただけると嬉しいです。

来週の水曜日は補講のない人以外大学がもうないはずですので、20日の活動が年内最後の活動でした。
大学に入学しプロジェクトに入って、気がついたらリーダーになっていた私ですが、今後も工房全体で競プロを楽しめる環境にしていこうと考えていますので今後共よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)