こんにちは、RMSプロジェクトEIです。
前回に引き続き、RMSの近況をつづってまいります。

・剥がれ落ちるタスク

今年度の活動より(といってもこの1週間だけ)タスク管理のためにホワイトボードと付箋によるカンバンを導入していました。
以前は「Redmine」を利用してガントチャートやタスクの期限等も用いた管理を行っていたのですが、ホストしていたマシンがお亡くなりになってしまったという経緯もあり導入を行いました。
先週のカンバンを設置した時点では、一見してタスクの数が分かりやすい、Todo,Doing,Doneの移行が簡単に行える、マシンの問題で使えなくなることもない、といった部分に今までの方法よりも利便性の向上があるように感じられました。

ところがしばらく使ってみると…

  • 付箋がはがれてタスクが消滅する
  • 工房に来なければタスクの確認ができない

というようなデメリットが目立ってしまう結果となりました。
特に付箋が剥がれ落ちるというのは致命的な問題です。
幸いなことに今回は行方不明になったタスクはなかった(はず)のですが、今後運用するには少々厳しいように感じられました。

現在は臨時の対処としてGoogleスプレッドシート上にカンバンが設置されています。
タスクの増えないうちに他の方法への移行を行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください