RMS2年・インフラ担当のtomohiro ishiokaです。

この度はブログサーバの障害のため、数週間に渡ってご迷惑をおかけいたしましたことを、ソフトウェア工房に携わっている教員・学生の皆様にお詫び申し上げます。

経緯

SSD内のシステムファイルが破損してしまったことによって、ブログの管理が行えない状態になっておりました。
(管理者でもログインすらできないetc. 要するに制御不能)
このSSD自体が既に運用5年目であったので、おそらく寿命であったと思われます
一部のデータが破損してしまっていたので、結局別のHDDに換装し、OSの再インストール・サーバの再構築等を行いました。

やったこと

  • SSDからHDDへの換装
  • サーバの再構築
  • データの移行
  • RAM Diskの導入
  • WordPressの更新
  • テーマの変更

詳細

別のHDDへの移行・OS再インストール

元々はCentOS 6.9上で動作していましたが、今回は折角なのでUbuntu Server 18.04 LTSを使用しました。

救出したデータの移行

WordPressのPHPファイルや画像ファイル、MySQLデータベース内の記事データを移行しました。
破損したページ以外は動作こそしましたが、HDD故か読み込みが遅すぎて管理画面でタイムアウトが頻発し、設定がままならないという状況でした。

RAM Diskの導入

画像ファイル等を含めても1GBほどだったので、WordPressのページをRAM上に展開し、高速に読み込みできるようにしました。
言うまでもなく、そのまま電源を落とすとデータが揮発してしまうので、自動的にバックアップするためにSystemdのサービスを自作しました。

WordPressの更新

バージョンの更新を行い、脆弱性への対策を行いました。
ちなみに先述のログインできないという症状に気づいたのは、この更新作業をしようとした際でした。

テーマの変更

OS再インストールによってPHP等のバージョンが新しくなったためなのか、先輩が設定した既存の外観テーマが正常に動作しなくなってしまいました。
そのため、テーマ設定を一新することにしました。
外観が大きく変化しておりますが、機能面に大きな影響がないかと思われます。

個人的感想

WordPressやRAM Diskに触れるのは初めてであったので、今回のトラブルシューティングは学習と並行して行うことになりました。正直ものすごく大変でした。
今回の件がきっかけで工房に宿泊する頻度が大幅に増加しました。作業量についてはお察しくださいませ…
Linuxや、Webサーバに関する知識が得られ、インフラ担当者として大きな成長につながったと思います。

おわりに

今回の件で協力して頂きました、うらの先輩、yudai先輩、uekyo先輩、moxさん、awatakiさん、その他たくさんのメンバーの皆様に、この場をお借りして感謝を申し上げます。

報告は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)