こんにちは。競プロ所属のkomichiです。
今回自分は、低レートながら参加した先週末の
SoundHound Inc. Programming Contest 2018 -Masters Tournament-
の問題を振り返りました。

解けなかったD問題については、グラフに対する知識がそもそもなく、問題の核に触れることすらできませんでした。
グラフは主要なデータ構造の一つです。理解のため、一度実装してみる必要があると思いました。

実際のコンテストでは、C問題でかなり長考してしまい、解けたと思ったらWAでした。
最後の1ケースのみだったので、0などの特殊な入力の時が失敗していると思い書き直すも通過せず、(そもそも制約に含まれていなかった)
最終的に原因は、C++のstd::coutにありました。(デフォルトでは、実数が桁数によって指数表記になるようです

最近の競プロでは各自自由に問題を解くことが多いですが、最近のコンテスト問題について話し合ったりすることは続けていきたいです。
興味がある人は活動日にぜひ工房を訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)