製作中のトップページ

ゲーム制作

ゲームプロジェクト新チームの話

投稿日:

はじめまして、Marcoです。これでどれだけのプロジェクトの記事を書いたのでしょうか。

普段からゲーム作りたいといいつつ、実際作ったのはプログラミングを始めるきっかけになった作品だけで、せっかく工房にいるのだしゲームプロジェクトとして活動してみようということで参加しました。

ゲームプロジェクトの方々は(過去を含め)主にUnityを使っているのですが、私はWebの技術を用いて制作しようと思い、独立したチームとして活動しています。

作っているもの

あえて分類するなら「行動選択型ヴィジュアルノベル」とか、ものすごく砕いて言えば「ロールプレイングゲーム」とか、おそらくそういう感じかな……と思います。

ゲームジャンルはともかくとして内容なんですが、「ものを作るということ」について書いているつもりです。ある課題があって、ITという技術で何が変えられるんだろう? 何を変えたいんだろう? という問題に対して、プロジェクトを作って進んでくという雰囲気です。

どうしてもこの大学にいるとITもプログラミングも科目として見ている人が多いようで、私はそう考えてないぞ、これは表現のための技術なんだ、という思いを詰め込んでいます。その上で、「表現で救える人がいるんじゃないか」という期待のようなものを感じてもらいたいです。

公開について

もともとは学園祭で少し動かせたらと思ったのですが、いつものごとく予定を適当にしたせいで未完成です。

残る実装箇所としては「場所の移動」「行動の選択」「選択肢のUI」「ノベルパートの演出」あたりになります。

すでにノベルパートの表示周りやイベントの発生処理などは済んでいるので、完成に向けて作業を続けていきたいと思います。

内部的な話

内部的な話をすると、「アクション」「イベント」という概念によって物語が進みます。ユーザーのアクションなどによって内部のパラメータが変化して、それによってイベントが発生する仕組みです。

個人で作っていたLifeというライブラリを完成していないために一部流用して実装していますが、このライブラリで目指そうとしているものがこの仕組みになります。

本当にこの仕組みで幅広く表現することができるのか? という点は、私が今後様々なゲームを作りながら検証していきたいと思います。すでに次回作の予定もあるので、頑張ってこの作品を完成させたいですね……。

締め

制作の状況については定期的にブログに書いていく予定です。小出しにする関係で一本あたりが短いかもしれませんが、よろしければご覧ください。

ありがとうございました。

-ゲーム制作

Copyright© ソフトウェア工房 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.